読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ものおき

ポケモンオフ会のレポート置き場です

ヒストリアカップ レポート

Vc VC

20年前、僕達はそのゲームを体験した。ポケットモンスターという存在に触れた。 そして大人になった今、僕達はもう一度、それを見つめ直そう。 次の世代へ、次のポケモンを託すためにも 「ポケモンはいつもそこにある!」

 

というわけで若干遅刻しつつ古石場文化センターへやってきたのだ。

会場へつくとあのアイゼンヴォルフチームが・・・この時点で感涙である。

ルイピカさんを見つけリザードンブロックが死のリーグと化しているのをしり目に我がカメックスブロックへ。うーん目の前の4人が強そう(確信)

吹雪の大喜利と化した自己紹介を終え、クレアさんVSそらさんのエキシビジョンへ

嬉しい、ほんとに、、、かがくのちからってすげー。

なお対戦中に、能力変化が起こった状態でもう一度能力変化が起きると再び変化が起きるという仕様が発覚する。。。しらんがな。では対戦にうつろう。

 

1回戦 VSコウさん

俺 フリーザー53 サンダース51 ケンタロス51

コウ ケンタロス55 ラプラス50 サンダース

ぼく「ケンタロス55にはフリーザーで対策」

コウ「のしかかり急所からのはかいこうせんだオラァァァ!!」

0-1

2回戦 VSとしひこさん

俺 スターミー ケンタロス ニドキング

としひこ フシギバナ51 ラプラス51 マルマイン53

なんとマルマイン単騎エースという異色の構築。だがフシギバナが厄介すぎる。

初手がスターミーとバナの対面になったため吹雪をうつが眠り粉を被弾。

ケンタをだすもラプラスにチェンジ「くそ、10万にしておけば」と思いながら

のしかかりを打つと急所+マヒ+動けないという台パンものの事態を起こす

その後爆発をニドキングで受け止めつつケンタロスで無双。

1-1

試合終了後スターミーで起点作ればよくね?と思いここでパーティの勝筋を得る。他人のアイディアが自分のものになった瞬間である。

3回戦目 VSリンチさん

俺 スターミー ニドキング ケンタロス

リンチ  ケンタロス55 サイドン50 ラプラス50

カイリューとのダブルエースだったが、吹雪打てるのが5匹もいるのでケンタロスを見ていくことに、VSコウさんが頭をよぎりスターミー軸で望む。サイドンが普通に選出されたことに驚きつつも、ケンタミラーで凍結を引きスターミーとサイドンの対面作りに成功。が、スターミーがなみのりを外して吹雪をくらうエンターテインメント性を発揮。

2-1

4回戦目  VS KGさん

俺 スターミー ケンタロス ラプラス

KG  スターミー54 ゲンガー50 サンダース50

最も嫌なスターミー軸である。スターミーが54だったのは間に合わせのファイヤーが51でありゲンガーファイヤーをちらつかせるみたいだった。が、ゴールドさんの以前のパーティを見ていたのでブラフと気づくことができた。かなり気持ちに余裕をもって強敵KGさんに臨むことができた。サンダースをどう処理したか思いだせないが、ケンタロスを最後まで温存。53スターミーが力尽きるまでマヒを巻いてなぜかラプラスでゲンガーを処理してしたはず。

3-1

5回戦目 VS HALさん

俺 ニドキング ケンタロス スターミー

HAL マルマイン50 パルシェン51 フーディン54

宮城からの遠征者HALさん。はかいこうせんを耐えるフーディン54を警戒しなくちゃ・・・と思っていたら、スターミー、ニドキングが大爆発で吹っ飛び強制的にケンタロスフーディン対面に。

「いいかケンタロス。54フーディンはお前のはかいこうせんを確実に耐えて分身を積んでくる。しかし、お前は初代最強とうたわれたポケモンお前が負けるはずがない!行くぞ!ノータイムとさいビーム!」きゅうしょにあたる。

4-1

VS gyunnbiさん

俺 フリーザー ニドキング サンダース

gyunnbi サンダース51 パルシェン?52 フリーザー52

ジムリーダーの城のカンナを彷彿させるパーティ。正直敗北を覚悟した。このパーティにニドキングを選出するのは無謀だったが結果的に大活躍だったので勝ちに不思議な勝ちありといったところか。確かルージュラが選出されなかった。フリーザーの吹雪をニドキングが直撃し遠い目をしていたがなんと残り6で耐える。後続でフリーザーを眠りに追い込みニドキングを残してサンダース、眠りフリーザーの対面に成功。

5-1

VS yasuさん

俺 ラプラス ニドキング スターミー

yasu ゲンガー50 ルージュラ51 ケンタロス54?

予選抜けは決まっていたので、ここで対ルージュラに用意したがまんの使用感を確かめるべくラプラスのがまんを使う。

5-2(3たて)

 

同率1位で予選を突破。3月のえりきゃんオフでオフ会に行き出してから3連続で決勝トーナメント進出である。そろそろベスト8芸人を脱したいなと思っていたら・・

 

準々決勝 VS エドワードさん

エドワード マルマイン50 ルージュラ53 ラプラス51

俺     ケンタロス  サンダース   スターミー

 

絶対52以上のルージュラが出てくると思っていたら53ルージュラとかいうとんでもないのがでてきた。VS yasuさんでがまんのクソさに気づいて置けてよかった。

ケンタとマインの対面を吹雪でんじはで入りお互いに牽制。だが、こちらのとさいビームをマルマインが耐えてしまい完全にエドワードさんペースに。

ケンタを突破、ダースに爆発が入る。そして手負いのルージュラとラス1対スターミーに。ケンタロスが突破された際にルージュラにマヒを入れようと思っていたので、でんじは、相手動けず。さらになみのり急所でルージュラを突破。

「勝てる、勝てるんだ!」その後ラプラスの歌うからスターミーは永眠。

私のヒストリアカップは終わった。

 

エキシビジョンから二人にサイン頂いたあたりで対戦が2の次になるくらい感極まってしまった。あんぐら絶対行くぞ!初代VCでオフ会やると聞く前から「そういえば、初代にすっげー強い姉弟いたよな今何してるんだろ?」と思ってて。そこでストリアの情報が流れてきたのは運命的な何かだと思った。当時の思い出話や97年98年はまだポケベルだったよなみたいな話は完全に同窓会で、あの日は皆でタイムトラベルしていた。

そして64マリオスタジアムを見ている自分にこう伝えたい。

「お前が大人になったらあのお姉ちゃんとお兄ちゃんに会えるから、ポケモンずっと好きでいてくれよ。」